SNSで使われる動画広告の種類


スマホSNSで使われる動画広告の種類にはブランディング系を挙げることができます。ブランディング系の動画広告は主に商品やサービスのイメージを高めるために用いられるケースが多いです。当然、商品やサービスのイメージを上げることで利用者や購入者が増える可能性が高くなります。ブランディング系の動画広告を採用している会社は自動車メーカーや高級ブランド時計メーカーなどが多いです。

SNSで使われる動画広告はその他にも認知拡大系動画を挙げることができます。商品販売やサービスの利用促進において認知度は重要な要素の一つです。認知度が低いと購入を検討してもらえることも少なくありません。認知拡大系動画では認知度を高めて多くの人に商品の魅力やサービス内容を知ってもらえます。ブランディング系よりも認知拡大系においては面白いストーリーや驚くことができる内容で動画広告を配信している人が多いです。

その他の種類には購入促進系動画です。購入促進系動画は簡単に説明をすればテレビCMのような動画になります。商品の販売を促進するだけでなく、アプリやサイトなど無料で利用できるサービスの紹介も行われることがあります。そのため、幅広い商品やサービスに対応できます。